ホルモンバランスと抜け毛の関係

ホルモンバランスと抜け毛の関係

男性の薄毛には何タイプかありますが
特にこめかみの上辺りの生え際からM字型に進行していくタイプを
「男性型脱毛症」などと呼びます。

 

この薄毛のタイプは、遺伝すると言われるタイプで
男性ホルモンに含まれる「テストステロン」の効果で
髪の毛のサイクルバランスが崩れて抜け毛が増えることで起こります。

 

人間は、男性にも女性にも「男性ホルモン」「女性ホルモン」が分泌されていて
それぞれがバランスをとりながら体に影響を与えています。
ところが、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の悪化によって
このホルモンバランスが崩れることによって
女性でも男性ホルモンが優勢になり抜け毛が増えるという例が
ここ数年で増えてきていると言われています。

 

一概に「女性ホルモンが多いから髪が増える」
「男性ホルモンが多いから髪が減る」というわけではありませんが
ホルモンのバランスが崩れることが
抜け毛増加や薄毛の原因のひとつであることは間違いないようです。

 

ストレスや生活習慣以外でもホルモンバランスが崩れることはよくあります。
特に女性の場合は、妊娠、出産、閉経など
ホルモンバランスが多く変化する時期が多々あり
男性よりもより顕著に影響が現れるようです。

 

また、季節によってもホルモンバランスは変化し
夏の時期は冬に比べて抜け毛が多いともいわれています。
なんだか不思議な話ですね。