抜け毛に効く食べ物は

抜け毛に効く食べ物は?

抜け毛対策として食生活を見直すとよいといいますが
抜け毛対策によい食べ物と悪い食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

 

まず、悪い食べ物の代表が「アルコール」と「油脂」です。
特に油脂の多い食べ物は、頭皮の脂の分泌を増やしてしまい
毛穴が詰まりやすくなって抜け毛の直接の原因となってしまいます。
アルコールは少量であれば血行をよくしてくれますが
毎日の飲酒の習慣は髪の毛によくありません。

 

次に、よい食べ物としてあげられるのが「たんぱく質」と「ビタミンB群」です。
たんぱく質は髪の毛の主原料となり、
ビタミンB群は新しい細胞を作るための働きをします。

 

たんぱく質は、肉や卵、魚といった動物性の食べ物や
豆腐や納豆といった大豆食品などに多く含まれます。

 

ビタミンB群も実はこれらの食品に多く含まれていて
ビタミンというと野菜や果物を想像しがちですが
ビタミンB群は、豆類やいわゆる「スタミナ食材」と呼ばれる
豚肉やレバー、卵などにも多く含まれています。

 

忙しい方などは、定食に納豆や豆腐といった
大豆食品を1品加えるだけでも効果があるかもしれません。

 

とはいえ、抜け毛対策としてもっとも大切な食事方法は
「バランスよく」食べることです。
過度な油脂や、日常的なアルコールの摂取を控え
バランスのよい食事を心がけましょう。